HOME>ホットトピックス>そのカメラが活躍できる場所がどこかを見極めて選ぼう

大まかな用途の分類

内観

皆様の企業の中には、精密機器の部品等の製造や、製品の品質管理のために産業用カメラの導入を考えている企業はないでしょうか。産業用カメラには、顕微鏡等に使用するため等に用いるモニタリングタイプと、製品製造ライン等に配置し画像解析を行うマシンビジョンタイプの2つに分けられます。

映像出力方式も違いがあります

工場

また、産業用カメラにはそれ以外にも、デジタル出力とアナログ出力方式の2つがあります。今まではパソコン画面に表示するアナログ出力が主流でしたが、近年では画像保存が容易な事から、デジタル出力の産業用カメラが主流となっています。

解像度の違いも用途に応じて使い分ける

また、産業用カメラの解像度にも色々あります。単に解像度が良いものを選べば良いのではなく、例えば製品を鮮明に映す必要が無くスピードを重視したい場合等には、解像度が低くとも、高速撮影が可能なものが必要とされます。

使用されているイメージセンサによる違いも

その他、産業用カメラには様々なイメージセンサが利用されているタイプがあります。主なタイプにはCCDやCMOS、FPA等のタイプがあります。その中でもタイプにより様々な点に違いがあり、例えばCCDタイプは低コストでの導入が出来る、CMOSタイプは暗い場所でも撮影が高画質で撮影できるなどといった違いです。こうした様々な違いを考慮して、自社の産業用カメラを使いたい場所にぴったりのものを選びましょう。

広告募集中